テープ起こしYouTube

テープ起こしコラム

動画素材を利用してテープ起こし

投稿日:

テレビやYouTubeを見ていると、出演者が話した言葉がテロップ、字幕として画面に表示されているのをご覧になったことがあると思います。

話し言葉をテロップ化や字幕化することで、視聴者によりインパクトを与える、そして内容を分かりやすくするという効果を狙っているんでしょう。

テープ起こしは、こんなところでも利用されています。

テープ起こしの仕事をしていると、以前よりも本や目に入ってくる文字や聞こえてくる言葉に敏感になり、職業病と言っても良いかもしれませんが、間違いなどに良く気付くようになるはずです。

本や雑誌は校閲者がいるので、そうそう誤字や脱字はないと思いますが、特にYouTubeなどは、そういう担当者がいないせいか、間違いが多いですね。画面が切り替わってしまえば終わりですので、そんなに問題にはならないのかもしれませんが…。

実際にテープ起こしの仕事としてでも、YouTubeなどの動画から文字起こしをしてほしいというオーダーは今増えています。

講演や対談、インタビューなど、変わったところでは、会社の社長が社内の親睦会でやった落語の動画を起こしてほしいというご依頼などですね。

YouTubeからの文字起こし作業は、そのまま動画を見ながらでもできなくはありませんが、基本的にMP3などの音声データに変換して作業することになります。

YouTube動画をMP3に変換するおすすめのフリーソフトは?

そんなときに便利なのが、無料で利用できる変換サイトです。ネットで検索するとたくさんヒットしますが、適当に変換サイトを使うのは危険です。

勝手によくわからないプログラムがPCにインストールされたり、ウイルスに感染して強制的に広告が表示されたりとかして、大変な思いをすることがあります。

そこで、調べてみたところ、安全だったのは「Offliberty」というサイトです。ご利用されている方もいらっしゃると思います。

こちらのサイトは、変換したいYouTubeのサイトURLを入れるだけで、簡単にMP3に変換できて、危険性はないようです。(おそらく)

PCの環境によりご利用いただけない場合もあるようで、完全に安全とは言い切れませんので、ご利用は自己責任でお願いします。

テープ起こしを始めたばかりだと、なかなか音を聞いてその音声を文字に起こすという作業に慣れていないと思います。

こういったツールを利用して、いろんな音源のテープ起こしをしてみるのもいいんじゃないかなと思います。

自分の興味のある分野の動画を起こしてみると、モチベーションも保てると思います。

例えば車が好きだったら、車の試乗動画の音声をテープ起こししてみたり…といった具合にですね。

是非試してみてください。

【テープ起こし技能講座「OCOS」の詳細はこちらより】

-テープ起こしコラム

Copyright© テープ起こし会社・業者一覧まとめ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.