• テープ起こしの基本事項
    テープ起こしとは?
  • テープ起こしを依頼する
    テープ起こしを依頼する際の注意点(シチュエーション編)
  • テープ起こしの基本事項
    テープ起こしで使用されるメディアの種類
  • テープ起こしの基本事項
    英語または外国語のテープ起こしについて
  • テープ起こしを依頼する
    分野別にテープ起こしを依頼するときに気をつけたいこと!
  • テープ起こしの基本事項
    テープ起こしのための、上手な録音方法
  • テープ起こしの基本事項
    テープ起こしの種類(音声の起こし方の種類)
  • テープ起こしを依頼する
    テープ起こしのトライアル(お試し)に関して

テープ起こしというものを初めて業者に依頼する場合、まずどうするべきか…?

 

大体の方がインターネットでテープ起こし業者を検索するのではないでしょうか。実際、テープ起こし業者って身近な存在とはいえないと思いますので、ネットで検索するくらいしか大方の人は思いつかないはずです。

 

例えば、「テープ起こし 〇〇(地域名)」とか、「文字起こし 〇〇(地域名)」等の言葉で検索するのではないでしょうか?

 

実際に僕もそのように検索して、テープ起こし業者を探した経緯があるのですが、検索結果の中から決めるとなると大変でした。

 

テープ起こしの業者さんの数自体は、思っているほど多くないのですが(都内でも少なかったので、地方だとなお少ないですよね?)とにかくいろんな専門用語と情報が書かれていてイマイチよくわからなかったんですよね。。。

 

・料金や納期が分かり辛かったり
・得意分野が分かりにくかったり
・どのように判断すればいいのか

 

急いで探していると、けっこうストレスになるんですよね。
なので、実際にサイトが見やすい(自分の知りたい情報がすぐに分かる)業者さんを探して比較することに。

 

これは僕だけじゃなくテープ起こしを依頼したことがある人は、共感してもらえるんじゃないかと…。

 

なんでもそうかもしれませんが初めて業者に何か依頼するときは、順序が良くわからないので誰でも不安に感じると思います。

 

迷った場合はまずトライアル!

 

そこで、僕から提案したいのは、

「迷った時はとりあえず、電話そしてトライアル(お試し)をしましょう。」

ということ。

 

テープ起こし業者の中には、データを送ればサンプルとして原稿を作成してくれるといころがあります。

サイトが見やすいほうが良いとはいえ、それだけで比較・判断するわけにはいかないので、トライアル(お試し)をしてみて、

 

・その業者の対応(メール、電話など)
・原稿のクオリティ
・業者の雰囲気

 

上記のようなものがなんとなくでも、分かれば判断材料になるかと思います。

是非、どの業者にしようか悩まれている方はトライアル(お試し)してみることをオススメします。

もちろん、トライアルを依頼したからといって決めなければならないわけではないので、気軽に依頼してみましょう。

 

テープ起こしの音声の起こし方には色々な種類があります。基本事項なので、必ずチェックするようにしましょう。以下の記事に詳細があるので参考にしてみてください。

テープ起こしの種類(音声の起こし方の種類)
2018.8.26
一口に【テープ起こし】と言ってもその文字の起こし方には種類があります。 原稿の利用目的に合った最適な起こし方があるので、テープ起こし会社へ依頼する前に、ある程度理解しておくようにしましょう。 なので、ここではどのような種類の起こし方があるのかご紹介します。 ケバ取り 「ケバ」とは、「あのー」と...…

関連キーワード
  • テープ起こしの料金体系、相場について
  • (基本)テープ起こし依頼のポイント
  • テープ起こしのトライアル(お試し)に関して
  • 英語または外国語のテープ起こしについて
  • テープ起こしのための、上手な録音方法
  • テープ起こしで使用されるメディアの種類
おすすめの記事
ライターインタビュー
Contents1 テープ起こしを始めたきっかけ・出会い2 テープ起こしになるには資格は必要?3 テープ起こしに必要な機材4 テープ起こしの...
ライターインタビュー
Contents1 テープ起こしを始めたきっかけ・出会い2 テープ起こしになるには資格は必要?3 テープ起こしに必要な機材4 テープ起こしの...
テープ起こしコラム
Contents1 特にオススメのヘッドフォン2 おすすめのヘッドフォンまとめ テープ起こしは録音された音声データをテキストへ変換する作業で...
テープ起こしの基本事項
テープ起こしを業者に依頼するとき、ます見積もりをしてもらいます。多くの業者は自社のサイト経由でお見積もりフォームからご依頼を受けるケースがメ...